三重県のシロアリ駆除・加藤防虫

059-346-9544

三重県のシロアリ駆除・加藤防虫

今すぐ電話でお問い合わせ

クモとシロアリ

クモとシロアリの生息に関連性はありません

家屋におけるシロアリは害虫の側面が大きいですが、クモは他の昆虫を捕食してくれるという益虫としての存在でもあります

アシタカグモ

クモの巣をはって獲物がかかるのを待ち構えるタイプではなく、いわば活動狩猟型のクモです。獲物を追いかけ走り回って生きています。とにかく大きいクモです

日本に生息する徘徊性・狩猟型のクモとしては最大級です。いわゆるクモの巣にいるクモしか見たことがなければまず大きさに驚きます。成虫は人間の子供の手のひらよりも大きいサイズです

これが壁や天井を走るとガサガサと音がします。夜中だとちょっとビックリするくらいの音です。都市部ではわかりませんが、三重県なんかだとふつうにいます

気持ち悪いですが、ゴキブリを捕食してくれる益虫でもあります。何しろ動きが速いのも特徴のひとつです。大きな図体ながらあのすばしっこいゴキブリよりも速く動いて捕まえます

特に直接人間に悪さをするものではないけれど気持ち悪い、見たくない、出て来ると嫌などの虫は「不快害虫」と呼ばれます

不快害虫にはクモの他にはイモムシ、ヤスデ、アリ、ダンゴ虫、ワラジムシなどがいます

また、クモは足が8本、頭と胸がひとつのかたまりなので昆虫ではありません。昆虫は足が6本、頭と胸はそれぞれ分かれています

そして、そもそも昆虫は翅があって飛び回る生き物です。昆虫の身体のデザインは飛ぶために出来上がっているといわれます。なかには進化の過程で翅を失ってしまって現実には飛ぶことのできないものもいますが、本来昆虫とは飛ぶ生き物だそうです。飛べないものであっても身体には翅の痕跡が残っている

いっぽうクモは翅を持たず、飛ぶ能力はありません。元来、昆虫とクモとは根本的なところで違った生き物であるといわれます

シロアリ駆除について不安がある方、
わからないことがある方へ

お電話、またはお問い合わせフォームからご連絡ください。
折り返し、施工技術者からご連絡いたします。
お気軽にご相談ください。

おかげさまで
駆除実績36,103
を超えました!!
これからもお客様に喜んでいただくために頑張ります