三重県のシロアリ駆除・加藤防虫

059-346-9544

三重県のシロアリ駆除・加藤防虫

今すぐ電話でお問い合わせ

シロアリ-症状(建物の変形)

シロアリ被害が進むと家の中を歩いたとき、畳や床板がフワついたり
くぼんだ感じ
がするようになります。
また、部屋の柱が下がってしまうこともあります

そんな時、床下はどうなっているのか?

その一例です。床下の束柱がシロアリに食害され、床を支える力が弱くなっています

さらに食害が進むと束柱が細くなっていきついには外れてしまい
支えとしての役目を果たせなくなってしまいます

シロアリ被害は建物の外観にもあらわれることがあります。
本来は直線である部分が変形したりゆがんだりするのです

例えば(むね)です。
直線のはずが波打ったりしてきます。
棟とは黄色で囲った部分です。

(のき)も直線のはずです。
赤の部分が軒です。写真の建物はきれいな直線を保っています

特にシロアリが天井裏まで食害している場合に家の上部に変形が
出やすくなります。
その場合、雨漏りをともなっているケースが多いものです

シロアリが天井裏にまで侵入している例

家の内部では窓枠のゆがみなどが生じていないか?

↓本来の壁内部木材の姿


↑壁の中がこんなふうに食害されてくると、窓枠にもゆがみが出たりするわけです

シロアリと間違えやすい例

床板がフワフワする原因としてシロアリ以外で最も多いのは床板合板の劣化です。
合板は薄い木を接着剤と熱加工で貼り合わせてあります。
この何層かにくっつけられたものが剥がれてくるのが原因です

↓一枚板として強度を持った新品合板

↓建築後21年目の床合板裏側です。フワフワする場所の床下から見たところです

合板が劣化するのはこのようにカビや湿気とも大きな関係があります

床合板が劣化してしまった場合、床板の貼り直しをしましたが最近では新しい板を上に重ね貼りする事が多いようです。そうする事で廃材も少なくなりますし床を歩いた時の感触もかなりしっかりしたものになります

シロアリ駆除について不安がある方、
わからないことがある方へ

お電話、またはお問い合わせフォームからご連絡ください。
折り返し、施工技術者からご連絡いたします。
お気軽にご相談ください。

おかげさまで
駆除実績36,103
を超えました!!
これからもお客様に喜んでいただくために頑張ります