三重県のシロアリ駆除・加藤防虫

059-346-9544

三重県のシロアリ駆除・加藤防虫

今すぐ電話でお問い合わせ

女王アリ

三重県北部中部および近辺に生息している主なシロアリは「ヤマトシロアリ」という種類です。まれにイエシロアリが見つかります

三重県南部方面に南下するにつれてだんだん生息が多くなる「イエシロアリ」は大きな巣を作ります。イエシロアリは大きな巣を形成し、被害も速く進行します

両種とも、昆虫学上「アリ」ではなく、「ゴキブリ」の仲間に分類されていて、繁殖力もゴキブリ同様凄まじいものがあります

イエシロアリの女王は一日に数百個の卵を産み、10年から15年生きることが確認されています。計算上、一年に15万個から20万個の卵を産み、10年では150万個から200万個を産むことになります

女王の産んだ卵が全部ふ化するわけではありませんし、一部卵は天敵に食べられたりするので卵の数だけシロアリの成虫が増えるわけではありません。それでもイエシロアリの巣は大きくなると100万匹もの大集団になります

三重北中部近郊の山で枯れ木、朽木の下に乳白色で5ミリくらいの虫が集団で動いていたら、それはたぶんヤマトシロアリです。そんな木を移動してきて割ってみるとシロアリが数千匹~三万匹くらいの集団を形成しています

90%ほどの働きアリと10%ほどの兵隊アリ、そして一匹の女王アリと王アリがいます
このヤマトシロアリの女王も一日に数十個の卵を産むことがわかっています

最初は女王と王、たった二匹から2年で30000匹にも増えるわけです

シロアリ 発見

シロアリはふだん我々の目につかないところで活動しています
そのため表面的な検査では内部の状況がはっきりとはわからない事があります

探知できない箇所が疑わしければ何らかの対処方法を講じなければなりません
この現場では結局壁を取り壊す大がかりな作業になりました

当初、床下で駆除を始めてしばらく経った頃2cmほどのすき間から壁の内部が見えました
そこに配置された筋違い(すじかい)にわずかな異状が見受けられます


画像右側のささくれた少し白っぽい部分が筋違いです

筋違いは耐震上、非常に重要なものです

筋違いは垂直の柱を斜めから支えるように取り付けられている部材です

材料は主に木材ですが鉄材が使われていることもあります

柱があちらへ倒れそうになると引っ張る役目
柱がこちらへ倒れそうになると押す役目をしています

その筋違いがシロアリの食害にあっています

上のほうまで食害されている可能性が高い事から
外壁を取り壊して確認することになりました


やはり上部まで食害が拡がっていました

下の方はささくれ程度でしたが上の方が
食害がひどく交換する事になりました

左側の直立している木材が本柱
右側の斜めに取り付けられているのが筋違いです


再び床下の状況です

上の筋違いから30cmほど離れたところにある土台が
手がスッポリ入るほど食べられ空洞化しています

この辺りからシロアリが侵入加害を始め
上にある筋違いまで到達したようです

この程度まで土台が大きく被害を受けていれば
通常は下の基礎コンクリートに蟻道が構築されているものです

しかし床下に蟻道はありませんでした

実はこの土台の外では庭が作られ
土を高く盛りさらにセメントで固められていました

その中に土台が埋まったような状態であったわけです

土と直に接触していた土台は建物外側の土中からシロアリに侵入されました

これは床下点検や検査では発見が難しい状況です

シロアリ駆除について不安がある方、
わからないことがある方へ

お電話、またはお問い合わせフォームからご連絡ください。
折り返し、施工技術者からご連絡いたします。
お気軽にご相談ください。

おかげさまで
駆除実績36,103
を超えました!!
これからもお客様に喜んでいただくために頑張ります