三重県のシロアリ駆除・加藤防虫

059-346-9544

三重県のシロアリ駆除・加藤防虫

今すぐ電話でお問い合わせ

シロアリ-症状(建具の異状)

シロアリの食害が進むと、当然建物を構成している木材が弱ってきます。その結果、敷居などにも歪みが生じてくると引き戸などがスムーズに動かなくなったりします。

何度、建てつけを調整しても徐々に動きが悪くなっていくような場合にはシロアリが原因である可能性も考えられます

また歪みによらず蟻土が原因で建具の開閉がしにくくなることがよくあります。蟻土が敷居にへばりつき、のりのように両者をくっつけてしまうので固定されたかのようになってしまうのです

過去に、居室の開閉ドアの動きを調整するため、蝶つがいのネジを閉め直そうとしたところネジが空回りして柱内部の食害空洞化が見つかった事例もあります

シロアリ被害が床上の居室側にも達している場合、たいてい柱、敷居、床板、畳から症状が表れ始めます。このようなところに目立った症状があらわれず、先に建具の建てつけに異状が生じるのは稀な例かもしれません。しかし実際にはヤマトシロアリやイエシロアリは床下から周辺の部材を食い進んできます

つまり、建具などがシロアリに食害されているなら床下から連なる周囲の木材内部も食害されていると見て間違いありません。もし建具に異状があらわれた原因がシロアリであったら必ず柱、敷居など周辺の木材も充分チェックする事が必要です

シロアリ駆除について不安がある方、
わからないことがある方へ

お電話、またはお問い合わせフォームからご連絡ください。
折り返し、施工技術者からご連絡いたします。
お気軽にご相談ください。

おかげさまで
駆除実績36,103
を超えました!!
これからもお客様に喜んでいただくために頑張ります